number of reviews

バンコクは1,000,000件のレビューが寄せられているホットな都市です


  1. 目的地
  2. バンコクについて

バンコクの人気エリア

バンコク

タイの活気に満ちた首都は、タイ国内だけでなくすべての東南アジア地域への玄関口となっています。2006年に開港したスワンナプーム国際空港は、開港してすぐにアジアで最も慌しい空港の1つとなり、旅行者の拠点地となっています。空港へのアクセスが簡単なバンナーにあるホテルは、短期のストップオーバー目的の旅行者に人気があります。

市街地が無秩序に広がったバンコクには、列記とした中心地区はありません。その代わり、主な施設はバンコクの中心地を通り抜けるスクンビット通り沿いにあります。この通りはバンコクにあるほとんどの宿泊施設とアクセスが可能で、通り沿いにはサイアム スクエアやサイアム パラゴンといった世界規模のショッピング コンプレックスがあります。通りは有名なレストラン街にも繋がっていて、営業時間後も熱気を帯びた地区が2、3あります。

バンコクの金融地区は、シーロム通りやサトン通りに集中していて、ここに多くの5つ星ビジネスホテルが存在します。日中はビジネスマンが光り輝く高層ビルに集まっていますが、夕暮れ時にこの地区は変貌します。金融機関は閉まり、バーやレストラン、屋台のネオンに変わり、パッポン通りにある有名なバーやクラブでは、盛り上がりが最高潮となります。

渋滞がひどいため、バンコクを見て回るにはコツが入りますが、近代的な交通インフラの整備により、移動が楽になりつつあります。バンコクでホテルを予約する際、旅行者はスカイトレイン(BTS)かメトロ(MRT)沿線に近い場所を選ぶと良いでしょう。これらの交通機関の運賃は高く無く、速く移動でき、スクンビット通りやシーロム通り沿線の主要な地区をカバーしています。運河やチャオプラヤ川ではエクスプレス ボートが運行されています。交通手段の無いエリアへはバイクタクシーが早く到着するでしょう。バイクタクシーに乗ってスリルある移動を楽しむのも良いでしょう。 バンコクの都会的なエネルギーが刺激的であるため、街がタイの文化と歴史において欠くことのできない役割を果たしたことを忘れがちになります。 真新しい超高層ビルの角を曲がると、突然、数100年前に建てられた寺院や屋外の電気製品市場に突き当たります。暁寺院、王宮、エメラルド寺院などの印象深い観光地と共に、バンコクは、そこに住む人でさえ、限りなく魅了され驚かされる街です。