ロイヤリティプログラムを選択して獲得ポイントをチェック
number of reviews

ホアヒン/チャアムに寄せられたレビュー
156,000
常に人気のホットな都市です

  1. 目的地
  2. ホアヒン/チャアムについて

エリアからホアヒン/チャアムの宿泊先をさがす

ホアヒン/チャアム

1920年代、シャム(タイ)の国王が、王室静養所の建設を命じたことが、当時活気の無い漁村であったホアヒンの命運を大きく変えました。タイ人の休暇の取り方も国王に続く形で変化し、ホアヒンはタイ国内で最も人気のある保養地となりました。世界トップクラスの国際ホテルチェーンが、1980年代になるまで、ホアヒンのリゾート地としての成功にあまり関心を示しませんでしたが、その後数年間で、ホアヒンやチャアムのホテルはタイの観光産業で指導的役割を果たすようになりました。ホアヒン空港が開港して、バンコクから車でわずか3時間の距離にあるにも関わらず、旅行者は飛行機を選択することが可能になりました。

ホアヒンの主なビーチエリアは、高層ホテルと流行のリゾートが特徴です。その両サイドにはバンガローやシャレーが並びます。この三日月状の海岸でのビーチライフは、のびのびと羽を伸ばすことができ最高にくつろげます。ビーチチェアから、波の穏やかな海が水平線にまで広がり、その背後にはカォウタキャーブ山がぼんやり現れます。ウォーターフロントからのバスが、チャアムやホアヒンのリゾートやその周辺の田舎の景色が見渡せる山頂の寺院へと連絡しています。

ホアヒンは徐々に国際化されていて、一流のレストランやナイトクラブが自慢の町です。旅行者は日中は海岸でのんびした後、ダンスフロアでエネルギッシュな夜を過ごしたり、あるいはバイクをレンタルし地図を片手により静かな場所を求めて海岸線を南へ向かうこともできます。

ホアヒンのリゾートが国際的な注目を得るにつれて、抜け目の無いタイ人は、より静かな場所を求めて海岸沿いを車で南下していきます。まず初めに、国内の旅行者の間で人気急上昇中の、プランブリのブティックリゾート地区があります。さらに南に行くと、より静かな地区のバンサパンやタップサケがあります。タップサケには、ホエイヤンビーチのリゾートと近くに滝があります。

街の喧騒から完全に逃れるために、旅行者は、サムロイヨー国立公園を訪れることができます。ここでは、鬱蒼と茂ったマングローブの森、見事なビーチ、針葉樹林と様々な景色を見ることができます。