number of reviews

コタキナバルは 92,000件のレビューが寄せられているホットな場所です



  1. コタキナバルについて

コタキナバル

ボルネオ島にあるコタキナバルは、マレーシアのサバ州の州都です。街は海岸沿いにあり、世界遺産に登録されているキナバル山やキナバル国立公園の近くです。コタキナバルはガヤ、セリンガン、ランカヤンなどのマレーシア ボルネオ地域の熱帯の島々への玄関口でもあり、街自体も早くから人気のあるリゾート地でした。コタキナバルは海岸沿いにある町のため、山と海岸の両方を訪れることができ、ウォーターフロントにあるホテルを利用すれば、ビーチにも中心街にも近い場所に滞在することができます。

ボルネオで最も高い山のキナバル山は、生物学的に重要な場所です。キナバル山やその周辺の国立公園は、約6000種の植物と、この地域の貴重な固有種が数多く生息しています。公園内には様々な生物がいて、種類の異なる地層があり、ハイキングやクライミングをする人に人気の場所です。キナバル山の山頂は、標高4000メートルを超えます。

ビーチが好きな人にもってこいのトゥンク アブドゥル ラーマン公園は、街の中央からスピードボートでちょうど10分の距離にあります。ビーチはほぼ無人で、環境汚染から入念に保護されているため、非常に美しいです。街や遠くの島の景色を見るために、30階建ての建物のシグナルヒル展望台がり、訪問者はそこから自然のままのパノラマを見ることができます。

市の中心にあるサバ州立博物館は、東南アジア諸国の工芸品と共に、サバの歴史を垣間見ることができます。この博物館は、青々としたジャングルに囲まれていて、民族植物園、動物園、ヘリテージ ビレッジを有しています。買い物は、ガヤ ストリート フェアが毎週土曜日に開かれていて、サングラスから動物のウサギまであらゆるものをバーゲン価格で購入したり、地元のコーヒーやスナックを試食したりすることができます。

コタキナバルには、市の中心からわずか8kmの距離に位置するコタキナバル国際空港があります。