number of reviews

クチンは24,000件のレビューが寄せられているホットな都市です



  1. 目的地
  2. クチンについて

クチンの人気エリア

クチン

マレーシアのボルネオは、数世紀に渡り、探検家や勇敢な旅行者に刺激を与え続け、現在でもその大部分が未知であると感じられます。サラワク州の面積の70%は、密集したジャングルです。残りの30%を統治しているのがクチンで、大都市の便利さと小さな町の魅力を併せ持つ快適でコンパクトな州都です。

クチンのホテルの多くは、期間レンタルの美しい家に含まれています。この地域の建物は、第二次世界大戦中の破壊から逃れ、巧みに修復が行われています。そうした心が揺さぶられるような歴史が語られる街は少ないです。クチンは正式にはブルネイのスルタンに属し、そのスルタンは、ジェイムズ ブルックと名乗る冒険家が反乱を鎮圧した見返りとして、州の全領土が割譲されました。この街は、第二次世界大戦で日本に敗れるまで、ブルック家が3世代に渡り王として君臨しました。

現在のクチンは、ブルック家の支配による欧米の影響が感じられる壮大な文化的アトラクションが自慢です。モスクや仏教寺院の他に、劇場や図書館、数多くの博物館が自慢です。

しかし、この街を訪れる最も素晴らしい面は、クチンの中心部から離れて、壮大な国立公園で一晩以上を過ごせることです。一般的なジャングルのツアーでは、ロングテールボートに乗ってサワラク川を下り、人里離れたビダユ族のロングハウスに泊まります。このような家に住んでいる興味深い民族は、マレー半島はおろか、クチでの生活からも大きくかけ離れています。 

クチン空港は、クアラルンプールへの便が一日中、行き来しています。シンガポール、コタキナバル、そして他の東南アジア地域で重要な数都市との間にも定期便が運航されています。

クチンの他のエリア内にあるホテルや史跡の情報については、ページ左側のクチンの地図をクリックしてください。