number of reviews

ペナンは130,000件のレビューが寄せられているホットな都市です


  1. 訪れ先
  2. ペナンについて

ペナンの人気エリア

ペナン

オランダ植民地の軍隊がマレー半島を支配していた頃、イギリス東インド会社が無人島に到着し、オランダに対抗する港を造るために、この島でインフラ整備を開始しました。程無くして、中国や他の諸国からの商人が島に流入し、ペナン島に居住区ができました。現在、その国際的な雰囲気の名残は、貿易港としてよりもむしろ旅行の目的地として残っており、ビーチ、歴史建築、リーズナブルな料金の宿泊施設、素晴らしい食べ物などが、高い評価を得ています。

ペナンの宿泊施設は、歴史地区の古風な宿やホテル、豪華なビーチリゾートまで様々です。旅行者のほとんどは、植民地時代のイギリスの領土を日中は探索して、夕暮れにはビーチやリゾートのレストラン、またクラブに戻ってくることを好むため、宿泊施設としてはビーチリゾートの方が人気があります。

ペナン州の州都のジョージタウンは、素晴らしい歴史地区がユネスコ世界遺産に登録されています。そのハイライトは、チョン ファッ ツィー マンション(小規模な宿泊施設も提供している)や、コーンウォリス要塞、旧市庁舎などで、中国人移民やイギリス人占領者に関する多くのことを物語っています。ジョージタウンのホテルは、寺院や博物館を訪れるのに適した場所にあります。

最も新しく、選択の幅の広いビーチリゾート地としてまっさきにあがるのはバトゥ フェリンギです。島の北端に位置し、海岸沿いに広がったシーフードレストランやブティック店が特徴的です。ここには多くのホテルが集中しているため、価格競争によって宿泊料金が下がり、特にシーズンオフはその傾向が顕著です。

ペナン国際空港は、マレーシアでも大きい空港の1つで、東南アジアや南太平洋の主要都市への便が運行されています。繁忙期は、ちょうどクリスマスの前に始まり、たいてい1月下旬か2月初旬にやって来る中国正月まで続きます。この時期、ペナンのホテルの料金は高く、早く予約をした人勝ちという状況になるのは事実です。