ロイヤリティプログラムを選択して獲得ポイントをチェック
number of reviews

厦門(シアメン)に寄せられたレビュー
11,000
常に人気のホットな都市です

  1. 目的地
  2. 厦門(シアメン)について

エリアから厦門(シアメン)の宿泊先をさがす

厦門(シアメン)

厦門(アモイ)は中国福建省南部の都市で、九竜江河口に位置し、5大経済特区の1つで、省都福州に次ぐ副省級市に指定されています。 廈門高崎国際空港へは成田と関西国際空港から毎日直行便が就航しています。 この都市は亜熱帯気候に属し、1年を通じて温暖な気候で、降水量も安定しているのが特徴です。年間平均気温は20度前後、5月から7月にかけて降水量が多く、台風が通過することもありますので訪れるのに最適な時期は、10月と11月と言えるでしょう。

この都市の主な歴史は、1841年のアヘン戦争時にイギリス軍によって占領され、翌年の南京条約によって外国人にも開放されました。その後、茶葉の積出港として繁栄しましたが、台湾茶、日本茶との激しい競争に敗退し、衰退しています。 この都市出身の多くの人たちは東南アジア諸国に移民しました。

主な観光スポットはフェリーで行くコロンス島で、中国屈指の景観地です。欧米諸国が建造した領事館、学校、教会、洋館、この島の最高峰の日光岩、アモイ博物館があります。 南普通陀寺は1000年以上の歴史があり、唐朝時代の仏教寺院で、清朝時代の僧侶が描いた刻石「仏」で知られています。境内は多くの参拝者でごった返し、山の斜面に沿って伽藍が建造され、参道を登れば、頂上に到着します。 華僑博物館は主に東南アジア諸国に移民した華僑社会の歴史が詳細に紹介されています。移民船内部の様子、当時の中華街のセットや彫像で再現されています。 アモイ園林植物園は広大な敷地に多くの種類の花々、薬用植物が植えられています。 胡里山砲台は市南西の胡里山海岸に位置し、青い海に砲口が向けられ、大砲はドイツ製で、晴れた日には台湾領の金門島を眺めることができます。 福建省の有名な陳嘉庚は故郷の集美に集美学村と呼ばれる幼稚園から大学までの学校施設を全財産をつぎ込んで建造しました。 鄭成功記念館は明朝末期から清朝初期に生きた鄭成功の記念館で、オランダから台湾を奪回してから300年周年を記念して建造されました。

その他、廈門に関する情報は、ページ左側の廈門の地図をクリックしてください。