◎ロイヤルティプログラムを選択して獲得できるマイル/ポイントをいますぐ表示◎
number of reviews

ハジャイ(ハットヤイ)に寄せられたクチコミ
33,000
常に人気のホットな都市です

  1. エリア
  2. ハジャイ(ハットヤイ)について

エリアからハジャイ(ハットヤイ)の宿泊先をさがす

タイの地図
ハジャイ(ハットヤイ)の全宿泊施設を地図に表示

ハジャイ(ハットヤイ)

タイ南部のマレーシア国境近くに位置するハジャイは、多くの旅行者に人気のある通過ポイントであり、マレーシア人の週末旅行者の最大の玄関口です。遠く離れたシンガポールからの列車が、バンコクに向かう途中、ハジャイを通り、そしてハジャイ駅は、国内、国際両方の路線の交通のハブとして機能しています。

マレーシアとの国境に近いこともあり、ハジャイは、地域の習慣や食べ物、いくつかの建築物に、イスラム教の影響が強く見られます。中国文化の影響も明らかで、ハジャイの華人系住民の人口の影響が、日々の商売にも広がっているという正しいイメージは、朝のキムヨン市場の慌しさからもわかります。

ハジャイは、シンガポール人やマレーシア人に人気のある週末旅行地であり、言うまでも無く、街自体は欧米人の主要な観光ポイントで、街の中心部は夜の歓楽街として知られています。西洋風のパブやバーでは、カバー曲の生のバンド演奏もあり、ソンクラー県で最も大きい街は、国内旅行客ももてなしています。

パーティの他には、ハジャイの訪問者は様々な種類の料理を堪能することができます。イスラム教徒と華人の影響を受け、海外からの旅行者の要望を満たすハジャイの食べ物には、種類の豊富なハラール料理(イスラム教の戒律に則った料理)や、ベジタリアン用の炒め物、新鮮なシーフード、マンゴにもち米といったタイの名物などがあります。あらゆるファーストフードのチェーン店も多く、パブでの食事は、市内の多くの場所で見かけます。

街の郊外には、ワット ハジャイナイやプラ プット ハッタ モンコン(Phra Phuttha Hattha Mongkhon)などのスポットがあり、世界で三番目に大きな涅槃仏であると信じられています。自然愛好家には、街から13kmのトンガーチャン(Ton Nga Chang)野生動物保護区にあるトンガーチャンの滝もおすすめです。列車以外でのアクセスは、ハジャイ国際空港を経由してして飛行機で来るか、バスを利用するかです。ハジャイはクラビ タウンからミニバスで3時間です。

ハジャイの他のエリア内にあるホテルや史跡の情報については、ページ左側のハジャイの地図をクリックしてください。