◎ロイヤルティプログラムを選択して獲得できるマイル/ポイントをいますぐ表示◎
number of reviews

フエに寄せられたクチコミ
19,000
常に人気のホットな都市です

  1. エリア
  2. フエについて

エリアからフエの宿泊先をさがす

ベトナムの地図
フエの全宿泊施設を地図に表示

フエ

フエはベトナム中央部のトゥアティアン フエ省の省都で、1802年から1945年までベトナム最後のグエン王朝の都が置かれていました。 香江(フアンザン)がフエ市内を流れ、旧市街と新市街とに分かれています。

人気のある観光スポットは、高い堀で周囲を囲まれ、28年もの長い建築期間を要したグエン朝王宮で、ベトナムの代表的な観光名所となっています。美しい彫刻が施された牛門の楼閣からの王宮全体の眺めは圧巻です。

トゥ ドゥック帝廟はグエン朝4代皇帝のトゥ ドゥック帝が永眠する霊廟で、生前に建造され、皇帝の別荘として利用されていました。中庭には池が配置され、岬には釣殿もあります。 カイ ディン帝廟はグエン朝第12代皇帝の霊廟で、チャウ山の中腹に位置しています。霊廟内の壁には陶磁器とガラスでできた色鮮やかなモザイクで装飾されています。石段を登ると、11年の歳月を掛けて建造された排殿が見えてきます。 バオ クオック寺は17世紀半ばに建てられた仏教寺院で、フエ駅の近くに位置しています。1824年にミン マン帝からの承認によって大規模な改修工事が行われました。現在でも多くの僧侶が修業を行い、その姿を見ることができます。

ティエン ムー寺(Thien Mu Pagoda)は西郊外に位置する仏教寺院で、1960年代の反政府運動の拠点となり、クアン ドゥック僧侶はこの寺院で焼身自殺を図りました。現在でも多くの参拝者がこの寺院を訪れます。 フエ王宮美術館は皇帝一族が愛用した豪華な調度品、日用品、宝飾品が展示されています。 トゥア ティエン フエ省博物館はフエ王宮美術館に隣接し、1966年2月のベトナム戦争時のテト攻撃に関する写真資料が展示されている棟と、この省で発掘された陶磁器が展示されている棟とに分かれています。 屋外には米軍が使用したミサイル、戦車、ロシア製の戦闘機を見ることができます。

その他フエに関する情報は、ページ左側のフエの地図をクリックしてください。