【寧波(ニンポー), 中国】のホテルを探してみよう

1096軒のバケーションレンタル・ホテルからぴったりの宿泊先をチョイス

  • ▼1泊あたりの予算を指定
    JPY 0 - JPY 31,000 +
  • ▼クチコミ スコア
    全スコア
  • ▼星の数を指定
    つ星以上
検索結果を絞り込む

<NEW> 新しく予約が入った宿泊施設


<トレンド>たった今アゴダユーザーがチェックしました


迷ったときは寧波(ニンポー)についてのクチコミをチェック


エリアから寧波(ニンポー)の宿泊先をさがす


寧波(ニンポー)について

寧波(ニンポー)は、中国の近代的な海岸沿いの街の一つですが、河姆渡文化の誕生の地として、数千年にもおよぶ歴史がある街です。ここでは、普陀山(Putuoshan)と呼ばれる島を旅行する前日の晩にリラックスした時間を過ごせることでしょう。

1500年代、ポルトガル人が寧波(ニンポー)の港に立ち寄り、貿易港として使用を開始しました。その後イギリスがやって来て、最初は平穏でしたが、第一次アヘン戦争を勃発させ、戦後に植民支配のための根拠地を創設しました。寧波のホテルには、上海や澳門ほどの旅行客はいませんが、街には探索するための数多くの古代建築や植民地時代の遺構があります。

寧波の主な場所の一つに、1000年以上の歴史を持つ大きな木造寺院であり、釘を使わずに建てられた報国(Baoguo)寺があります。地元の人は、鳥はこの寺院の垂木に巣を作ろうとせず、虫は中に入ろうとしないと言います。他に見る価値のある場所は、元々は7世紀に建てられた往天祥と、天一閣です。天一閣には中国最古の私用の図書館があります。

寧波のホテルからは、バスかミニバンで北に向かって3、4時間の距離にある雁蕩山への泊りがけの小旅行を簡単に企画できます。ユネスコは、その滝、洞窟、印象的な山頂を理由に、雁蕩山を世界遺産に認定しています。寧波郊外にある他の主要なアトラクションは普陀山で、およそ3、4時間で到着できる近郊の島の中にある、神聖な仏教徒の山です。

寧波櫟社国際空港へは、上海と北京から定期便がありますが、国際線は運航されていません。鉄道やバスでは、上海から街まで3、4時間かかります。

寧波の他のエリア内にあるホテルや史跡に関する情報は、ページ左側の寧波の地図をクリックしてください。
<前
2018年 2月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
次>
2018年 3月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031