【パンコール, マレーシア】のホテルを探してみよう

73軒のバケーションレンタル・ホテルからぴったりの宿泊先をチョイス

  • ▼1泊あたりの予算を指定
    JPY 0 - JPY 31,000 +
  • ▼クチコミ スコア
    全スコア
  • ▼星の数を指定
    つ星以上
検索結果を絞り込む

<NEW> 新しく予約が入った宿泊施設


<トレンド>たった今アゴダユーザーがチェックしました


迷ったときはパンコールについてのクチコミをチェック


エリアからパンコールの宿泊先をさがす


パンコールについて

パンコールは、マレーシアの西海岸にある小規模な熱帯の島で、クアラルンプールとペナンのほぼ中間に位置しています。かつては、漁師と海賊だけが住んでいたこの島は、現在は大変開発の進んだビーチで、静かに休暇を過ごしたり、美しい景色を堪能することができます。マレーシアの他のいくつかのビーチリゾートと比較して、それほど人気があるわけではありませんが、パンコールは人口がまばらであるため、日常生活から真の逃避を計りたい人にとっては、この上ない旅先となっています。パンコール・ラウ島(Laut)のホテルは、海岸沿いの町ルムット(Lumut)からフェリーでアクセスすることができます。比較的新しいパンコールの空港に到着する2、3のフライトが、クアラルンプールより運航されています。

泳いだり、コーラル・ベイ(Coral Bay)、テロッ・ベランガ(Teluk Belanga)、パシール・ボガク(Pasir Bogak)のビーチで日光浴をする以外にも、島には植民地時代の歴史的遺産が残されていて、訪問する価値のあるところです。17世紀のオランダの要塞は、興味深いアトラクションで、実際の要塞はあまり残ってはいませんが、その場所自体が歴史の多くを物語っています。文字の刻まれた石である、バトゥ・ブルスラ(Batu Bersurat)は、歴史や地元の神話が多く刻まれた巨大な花崗岩の平板です。

パンコールでの食事は、特に新鮮な魚介類の入った、中華料理やマレー料理が好きな人にとっては、魅力的でしょう。埠頭に近いパシール・ボガクは、夕食や水泳、そして地元の漁師が仕事をしているのを見る場所として人気があります。

パンコールの他のエリア内にあるホテルや史跡の情報については、ページ左上のパンコールの地図をクリックしてください。
<前
2018年 2月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
次>
2018年 3月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031